性感染症への対策|抗生物質「ジスロマック」を正しく使ってクラミジアを治療しよう

性感染症への対策

blister packs staked

クラミジアをはじめとして、現時点でもさまざまな性感染症が発見されています。
基本的に性行為をきっかけに人から人へと感染するもので、性器などに痛みなどの厄介な症状を発症してしまいます。
それを防ぐためにも予防法や治療法をしっかり把握しておく必要があるのです。

性感染症の予防法として効果的なのが、コンドームの着用です。
避妊具として使用している人は多いかと思いますが、実は粘膜同士の接触も防いでくれることから、性感染症予防策としてもたいへん有効なのです。
ですので、避妊のためにはもちろんですが、性感染症の感染を防ぐためにも必ず着用したうえで性行為をするようにしましょう。
とはいえ、コンドームを着用したからといって、100%感染を防げるとは限りません。
どれだけ対策していても感染してしまうケースだってあります。

もしクラミジアに感染してしまった場合は、治療薬を用いて早期治療を目指しましょう。
殺菌作用が強く、クラミジア治療に最も効果があると言われているのが、抗生物質であるジスロマックというものです。
マクロライド系の抗生物質であり、殺菌作用が強いほか、感染によって生じた痛みや炎症を抑える効果も持っています。
医療機関からもこのジスロマックが処方されることが多いほどで、性感染症以外にもさまざまな細菌に対して殺菌効果を発揮してくれるのです。
クラミジア治療以外にも有効な医薬品となっていますので、ぜひとも知っておきましょう。